自動車を運転するうえで、安全な速度と車間距離とはどのくらいのものなのでしょうか?まず、前者においては、基本的に道路交通法によって定められた、各道路の最高時速の範囲内であると言えるでしょう。各道路は道路の幅や、歩行者の有無などによって、その最高時速が決められています。幅が狭く、人通りの多い道路では、当然のごとく最高時速が低速に設定されているでしょうし、高速道路のような人が道路を歩くことがなく、車幅もしっかりと確保されているような道路では、最高時速も高めに設定されています。ガリバーで中古車を高く買ってもらうにはこちら。また、いくら設定された最高時速内であっても、自動車の脇に歩行者がいるような場合や、右左折をする場合はブレーキを踏んですぐに停止できる時速(おおよそ10キロ以内)と決められています。次に後者において、一般的に言われているのは、前方を走行する自動車までの距離イコール走行時速と言われています。例えば、時速50キロで走行する自動車があれば、前方を走行する自動車との距離は50メートル必要である、ということです。時速が速くなればなるほど、自動車が停止できる距離は長くなりますので、当然のことと言えるでしょう。また、各自動車がその位の車間距離をあけて走行することができれば、お互いの車線変更もスムーズにいくことでしょう。

pet02_l